ゴールデンウィークに行きたい国内の穴場(しまなみ海道)

「しまなみ海道」、ご存じですか。
聞いたことはあるかと思いますが、広島県と愛媛県の間、つまり瀬戸内海の島々を転々とすり抜ける道のことを言います。
島々を転々としながら海の上の道を渡ってゆくので、しまなみ街道という名前が置きられました。
しまなみ海道を含め、本州と四国を結ぶルートは3つあるのですが、しまなみ海道だけは、自転車、歩行者、原付(125cc以下)用の道が整備されています。
最高は、自転車でサイクリングしながらなるコースだ。
普段、運動不足を感じて来るかたがたには、旅行しながらサイクリング行えるしまなみ海道はおすすめですね。
気候が良いゴールデンウィークは、旅にもサイクリングにも最適ですから、正しく穴場と言って良いでしょう。
しまなみ海道を自転車で渡るコースなら、2日間の日程を確保したほうが良いでしょう。
1日で渡りきれないというわけではありませんが、毎日ですと、途中の島々を見て周ったり、ゆっくりと休憩したりする時間を盗ることが出来なくなってしまう。
島をずっと渡ってゆくため、思いのほかアップダウンが多く、自転車では休憩が必要になると思います。
もちろんそれは絶対と言うことではありませんので、1日で渡りたいかたは、頑張れば出来ないことはありませんよ。
極力なら、島の観光もしつつ、伸び伸び2日、余裕があれば3日くらいかけて周るのがおすすめということです。
たとえば、伯方の塩で有名な伯方島は、可愛らしい隠れビーチの宝庫と言われています。
島に止まり、必ずぐるっと一周ください。
日本の各地でも見られますが、干潮の時だけ陸続きになるという「大角豆島(ささげじま)」もありますよ。
道が消え失せると大変ですから、隠れる前にとにかく帰りましょう。
愛媛県の島では何より激しく、見所が数多くいる島が「大三島」だ。
ここを、しまなみ海道としてのルートだけで通り過ぎてしまいますと、5キロしかありません。
ですが、島を一周しますと、50キロ近くあります。
さすがに、50キロ滑ると時間が無くなってしまいますので、いくつかの名勝をピックアップして見学ください。
大三島には、ミュージアムが点在していますので、それらを訪ねるのもおすすめです。
万が一の雨天のときにも、良いですね。
ホッととれるカフェもいくつもありますし、雑貨店などのお店も楽しいだ。
「生口島」は、島全体を美術館に見立てて「島ごと美術館」とし、あちらこちらの場所に、立体アートが展示されてあるというめずらしく楽しい島だ。
何よりアートが好きというかたでなくとも楽しめますよ。
サイクリングやるかたたちが集う神社があるのは「因島」だ。
サイクルオアシスとして、休憩場所を提供してくれているのですが、自転車の祈祷や、サイクリストさんたち専用のお守りもあります。
このように、島々を楽しみながら自転車や原付で旅行をするゴールデンウィークはいかがでしょうか。
しまなみ海道自体が穴場ですが、しまなみ海道からポツポツ外れた場所にあって、船で周ることができる「ゆめしま海道」はさらに穴場だ。
時間に余裕のあるかたは、自転車ごと船に乗ってそちらも周ってみてはいかがですか。
少ない連休もかたも、全く長い連休のかたも、それぞれの楽しみかたができるしまなみ海道、おすすめです。www.christho.nl